セブ島インターンシップ生活


こんにちわ。カズです。

 

私がセブ島で何をしているのか?気になる方も多いかと思いますw 誰が気になるの?ってツッコミはなしでw

で、前に少し触れたが実は私、、、セブ島のNILSという語学学校でインターンシップ留学をしているのです。

こちらがHPのURLです。良かったら覗いてみて。

http://www.nilsph.com/

まず、なんでセブ島でインターンシップをしようと思ったのか?

第一に自分の将来のために英語を学びたかった。

英語を学ぶならアメリカとかの英語圏に留学した方が良いじゃん!と思うだろう。しかし、俺にはお金がなかった。。。バイトでお金稼ぐにしても相当時間かかるし。。。オーストラリアのワーキングホリデーも調べたけど、なんだかんだ初期費用が結構かかるみたいだし。

少ない費用で英語を海外で学ぶにはどうすればよいか?

そんな疑問に答えてくれたのが、セブ島留学。

 

調べるまでセブ島ってどこ!?って感じでしたw

セブ島はフィリピンにあると知って、一番最初に思ったのがフィリピン人って英語話せるの?

でも調べていくうちにわかった。フィリピン人は日本人なんかよりも英語が達者であると。そもそも比較してはいけないレベルであるw

フィリピンは英語公用語国第3位なのです。これには驚いた。

そもそも第一位はどこ?

一位、パキスタン

二位、ナイジェリア

三位、フィリピン

らしい。この結果は正直どんな反応をして良いのかわからないw

てっきり一位はアメリカなのかと思っていたが、アメリカは公用語が設定されていないとのこと。さすが自由の国だな。

じゃあ、オーストラリアは?カナダは?って話になるが、フィリピンよりも英語を話す人口は少ないとのこと。正直この結果は信じ難いw

だったら、もう直接行くしか無いでしょ!って感じでセブ島留学に行くことを決めました。

初めは普通の留学を考えていたのですが、その時にインターンシップ留学ってのもあるんだということを知りました。しかもこのインターンシップ留学は英語の勉強をしながら語学学校で仕事をすることで、寮での滞在費と食事代が無料になるというシステム。

さすがに渡航費などは自己負担。ざっと見積もって半年間でコミコミで50万ぐらいですね。ちなみにこれは半年間の保険代も含めた料金。NILSは食事が朝夜の平日しかでないので、平日の昼と土日のご飯、交際費など含めての値段。

オーストラリア留学だと4週間で40~50万円ぐらい。半年間だと200~300万はかかるでしょうね。

セブ島留学と欧米留学の費用を比較すると約5分の1以上!!!!

この価格なら自分の身の回りにあるもの全部売って、バイトすればなんとかなる!ちなみに私はこっちに来る前に、大切な愛馬であるバイクを売ってきましたw

ちなみに1日の私のスケジュールは朝8時から12時まで英語の授業で午後12時30分から19時までは仕事ってな感じです。

授業は50分のマンツーマンレッスンが4コマです。セブ島留学の良い所は費用の他にも全ての授業がマンツーマンレッスンってのも良い所です。基本的に日本人はシャイ人が多いので、マンツーマンレッスンは最適なんじゃないかと思う。

欧米留学だとグループレッスンが中心なので、大勢の外国人の前で発言しなければならないのです。英語レベルが中級以上ならば可能かもしれないが、初級者なら何を言ってよいかわからず、あたふたしてしまうのが目に見えているw

実際日本であまり発言をする授業ってあまりないですよね?それでいきなり発言しろってのも無理な話だよ。。。私が中学生、高校生の時に先生が何か質問しても誰も答えない。それが日本の授業風景じゃないですか?w

だからそんな日本人にはマンツーマンはぴったりなんですよね。

50分レッスンを4コマって少なく感じるかもしれないが、実際自分が主体になって4コマ喋ると結構疲れる。個人的にはこれで十分。

ちなみに私は今そろそろ9ヶ月経ちますが、今ならグループレッスンで発言できる自信がある!!もちろん初めは大学受験レベルの英語力でした。単語を多少知っている程度。スピーキングなんて全く出来ませんでした。

こっちにきて一番成長を実感したのは、会話のレスポンスが格段に早くなった!例えばwhere are you going?というこんな簡単な質問でも即答することが出来なかったんですよね。。。まぁこれは簡単な例ですが、とにかくレスポンスが早くなった!重要なので2回言っときましたw

さて、フィリピン人の発音ですがはっきり言ってネイティブの発音とは違います。ネイティブスピーカーって全て単語を繋げて話すので何言ってるのか理解しづらいんですよね。。。でもフィリピン人は単語単語しっかり喋ってくれるので非常に聞き取りやすい。

ただ学校を行っていない人とかだと、訛りがひどくて何言っているのか分からない人もいます。。。タクシードライバーとか訛りがひどい人が結構いる。

文章を喋るときのアクセントはネイティブとは違うけれど、単語、一語一語の発音はとても綺麗!!ちなみに私は英語は通じれば良いと思っているので、そこまでネイティブと同じように喋れるようになりたいとは思っていない。

そもそも20代超えてから留学してネイティブと同じように喋れるようになるのは無理じゃないかな。中高生の内に留学すれば身につくかもしれないが。

では、なぜたくさんある学校の中からNILSを選んだのか?

それはNILSしか知らなかったからw

ネットで調べでいた時にセブ島にインターン生として無料で行けるってのを知った時の衝撃がでかすぎて、気づいた時には面接していましたw 応募してから2週間後にはセブ島に着いていましたw

他にも調べればもっと良い条件のものがあったかもしれないけれど、どの学校に行っても自分次第で全てが決まるので正直どの学校でも良い。同じ条件で値段が何十万も違うとかなら迷うが、セブの学校でインターンの内容がそこまで大きく違うわけではないので。

最終的に決めるのは自分だけれど、ここに来れば私に会うことが出来ますw

 

私に会いたい人はいつでもお待ちしておりますww

では今日はこの辺で。

 

 

 

 


2 件のコメント

  1. Mikusays: 返信

    初めまして、いきなりすみません。
    セブ島留学を検索していて辿りつきました。

    不躾な質問なのですが、まだインターン生の募集はありますか?

    • カズsays: 返信

      コメントありがとうございます!
      インターン生の募集は常に募集していますよ。良かったらHP見てみてください!
      http://www.nilsph.com/

Miku にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL

http://www.votehyattworst.org/archives/535/trackback

PAGE TOP